読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しまねこかぶり

(一応)理系女子大生の日記です。研究室に通っています。活字と2次元が好き。マイペースで人付き合いはちょっと苦手なタイプ

CDの音楽に導かれて眠る

音楽はCDで聞くのが好きだ。

 

CDの良いところは色々あるけれど、一つは音楽を流しながら寝られるところ。 イヤホンを耳に差したまま寝るのは、寝返りを打ったときに奥までいってしまいそうでいやなのだ。

 

おとといは、好きなバンドのCDを流しながら寝た。ベッドに入って1時間経っても寝付けなかったから、気を紛らわせたくて。

 

お隣さんに迷惑にならないように、眠りの邪魔にもならないように、ぎりぎりまで音量を絞る。私はロフトベッドで寝ているから、ちょうど体の真下から音楽が聞こえてくるのだが、これが結構良い。両耳に偏りなく、かつ適度な距離感で音が入ってくる。

 

音楽と、時計の針と、自分の呼吸のリズムが、ときどき重なったり、また離れたりする。それをぼんやりと聞いたり、時々耳で歌詞を拾って、心の中でああそうだなあ、とか思っているうちに、音楽は私から遠ざかっていって、かわりに私は眠りの世界へと歩を進める。

 

ああ次、私の好きな曲じゃん...とか思ったところで大抵、意識が途切れるんだよね。それで翌朝、いつ寝入ったのかが分かるから面白い。6曲目は確かに聞いたけど、7曲目を聞いた記憶はないぞ、という具合に。

 

ただ、悲惨なのは、ベッドの中でアルバム1枚を聞き終わってしまったときだ。さっきまで眠れない私を優しく包んでくれていた音楽が、いきなり私を静かな闇の中に放り出す。このときの絶望感、孤独感。半端じゃない。

 

私がまだ眠れていないのをCDプレーヤーが感知して、入っているCDをもう1回再生してくれたらいいのになあ。誰か、そういう技術を開発してください!